消費者金融-他社でキャッシングしたい

今までにもう他のキャッシング企業で借り入れを行っている人で、更に融資を受けたいという人もいるかもしれません。その場合はまず、現在借り入れ残高がどの程度あるのか、きちんとチェックしてみましょう。

また同時に、返済額は毎月いくらになっているのかも確認してください。案外「良く知らなかった」という人は少なくありません。

現在の状況を把握できていないまま融資を受けるのはリスクが高いです。確認した後、返済能力以内に収まっていれば申し込みを行ってみます。

とある企業がダメだったとしても、他の企業が受け入れてくれた、ということもあります、また、現在お世話になっているキャッシング業者が、限度枠をアップしてくれる可能性もあるかもしれません。

他にも低金利の業者に、全ての利用をひとつにまとめてしまう方法もおすすめです。毎月どの程度返していくのかという金額が、スッキリと見やすくなるはずです。

業者に申し込みをした後に、返済プランのアドバイスを貰ってください。キャッシング業者は貸したお金を返してもらうのが仕事ですので、きちんとした返済プランを提示してくれると思います。

ところで返済不能になるかのボーダーというのは存在します。この確認方法ですが、借り入れてる業者の数や金利のみでは確認できません。金利と自分の支払い能力をきちんと判断することが重要です。

例えば月5万円返済可能な人がいたとしましょう。この人のケースでは、貸金業法が改正される前の限度額は29.2%の金利で205万円となっていましたが、改正後は15%まで金利が下がり、400万円の限度額に変更されました。

この400万というのを越えてしまうと、返済不能になるリスクが高いと考えられています。もちろんこれは一般論になりますので、安心できる金額ではありません。踏み込んでしまうと、限度額ギリギリという数字は、相当危険な数と言えます。

危険な話をもうひとつしてしまうと、上記で触れた「受けている融資を一本化」する場合は、業者選びには慎重になってください。悪徳業者に誘われるケースが多いようです。

キャッシング利用者に有利な条件ばかりをちらつかせてくる業者は、はっきり言って危険です。

おまとめローンを考えている場合は、信用できる業者にアドバイスをもらうようにしてください。低金利で限度額に期待できる銀行系の業者がおすすめです。
山形信用金庫

より良いキャッシングを活用する為に出来ること

キャッシングをする時、皆さんはどの点を注目しますか?有名企業かどうか?近くに店舗があるかどうか?それとも提携コンビニが充実しているかどうかでしょうか?

中でも気にする項目と言えば、金利に関してかもしれませんね。低金利のキャッシングが出来れば、毎月の返済額を控えめに出来ます。ですから低金利かどうかという項目は大変重要な点です。

但しケースによってはもっとおすすめの方法でもあります。近頃では消費者金融などのサービスで、無利息期間を設けているところも存在します。融資してもらったお金を決められた期間内に返済できれば、無利息でお金を借りられるというものです。

受ける融資額によってはとても助かるサービスではないでしょうか。 このように、自分に合うキャッシング方法や企業を上手に見つけたいものです。

キャッシングを利用したい人の中には専業主婦やアルバイトの人もいるでしょう。但し、安定した収入の有無、という点で諦めてしまっている人もいるかもしれません。

とはいえ、最近では女性に特化したサービスを準備している業者も少なくありませんし、安定した収入=正社員とも書いてありませんので、諦めてしまう前に、色々なキャッシング会社を比べてみることがおすすめです。

キャッシング会社を比較する時の注意点もあります。ひとつひとつの企業をチェックしていくと時間がかかってしまうと思いますので、インターネット状にある比較サイトを上手に活用してみてください。

ひとりでキャッシング会社をチェックしていく時間は、早く融資を受けたい人にとっては作りだすのが難しい時間だと思うのです。

その点キャッシング企業の比較サイトでは、もとからたくさんのキャッシング会社が登録されていますので、自分でひとつずつ見つけていく手間もいりませんし、ランキング順や、サービス内容に別れている為、初めて利用する人でも比較しやすくなっています。

実際に利用した人のレビューなどがある場合も多く、参考にすることも可能です。ぜひ上手に利用して、より自分に合ったキャッシング会社を見つけ、生活をサポートしていってください。

なるべく早くキャッシングしたい時にも比較は大切

お金というものは突然必要になるものです。予定を立てて使っていても、予想外の出来事が重なり出費が嵩んでしまった…このような経験を持つ人は少なくないのではないでしょうか。そして毎回このような出費に対応できるとも限りません。

上記のようなケースではキャッシングを利用するのがおすすめです。突然の出費に困ってしまったからと言って、お金を家族や友達、知り合いに借りるというのは、人間関係を壊すきっかけにもなります。

ご家族でしたら、収入状態も心配されてしまいますよね。ですがキャッシングであれば、その人の信用で融資を受けることが可能なのです。誰かに負担をかけるわけでもなく、自分の責任で借り入れることができる便利なサービスと言えるでしょう。

そして現金が急に必要になるということは、出来るだけ迅速にキャッシングサービスを活用して、融資を受けたいのではないかと思います。

とはいえ、急がば回れ、なんて言葉もあるように、その前に自分の目的にぴったりのキャッシング企業を探すことも重要です。キャッシングサービスは現在たくさん存在しますから、それぞれの提供しているサービスを比較して、良い条件の企業から融資を受けることがおすすめと言えます。

上記でも述べましたがなるべく早く借り入れできる会社を探したいという気持ちはわかります。ですがまずは冷静になって、比較してみてください。審査の通りやすい企業、返済しやすい企業、低金利の企業もあります。

キャッシングというのは借りたお金に加えて、金利をプラスして返済するものです。なるべく少ない返済額に押さえたいのは当然のことではないでしょうか。

また、自分が返しやすい返済方法が準備されているかどうかも重要ですし、返済時に手数料がかからない方法か、というのも気になるところです。

なるべく早く融資を受けたい場合でも、なるべく自分に損失が少ない企業を、キャッシング比較サイトで確認してみるのもとても重要です。

キャッシングの総量規制と例外について

キャッシングサービスに興味を持っている人であれば、銀行系キャッシング、消費者金融系キャッシング、という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

どちらも同じキャッシング企業ですが、提供している企業母体の違いによって、キャッシング企業を分類することが可能です。サービス自体にどのような違いがあるのか、一緒に見て行きましょう。

まずは銀行系キャッシングですが、言葉通り銀行がメインとなってサービスを提供しているキャッシング企業になります。

そして消費者金融系キャッシングは消費者金融が経営しているキャッシング企業です。どのような違いがあるのかというと、こちらも耳にしたことのある言葉だと思いますが「総量規制」が大きく関わって来ます。

総量規制というのは貸金業者が利用者に融資しすぎないように、貸金業法改正後に施行された法律です。それ以前は、利用者の収入からみるとどう考えても返済できないような金額をキャッシング企業が貸し付けていて、そのことが社会問題になっていました。

融資を受けた時は良いのですが、結局は利用者の収入では返済しきれないお金を返すように迫られ、借金を返す為に他のキャッシング企業から融資を受けて返済に充てる、といった負のループから抜け出せない多重債務者が後を絶ちませんでした。その人たちは自己破産をしたり、最悪自殺にまで追いつめられる、ということもあったようです。

このような問題を避ける為に新しく出来た法律が、総量規制となります。

利用者の年収三分の一より多い融資は受けられないという決まり事で、ひとつのキャッシング企業ではなく、複数社から借り入れている場合はその全部の借入金に対して反映されるルールです。

どんなに色々な企業から借りたとしても、年収の三分の一より大きな額の融資は受けられない事になります。ただし、この総量規制は消費者金融系のキャッシング企業にしか当てはまりません。銀行系のキャッシング企業の場合は、銀行が母体となる為、「銀行法」が当てはめられる為です。

総量規制のルールですが、例外も存在します。複数の消費者金融で借り入れたお金を一本にまとめるおまとめローンなどは、年収三分の一以上の融資を受けることができる、という例外です。

一本に借金をまとめると返済する金額は変わらなかったとしても、利息分が減少しますよね。このように債務者にメリットがある為、特例として許可されているという事になります。

ところで、年収三分の一の総量規制がある消費者金融では、「収入」がないひとは利用が出来ない為、専業主婦は配偶者の同意がないケースでは借り入れることが不可能です。

ですが、総量規制対象外の銀行系キャッシングであれば、専業主婦でも融資を受けることは可能になりますので、覚えておいてください。

メニュー

ページの先頭へ