カードローンを使うにあたって

カードローンは一度カードを作り、審査を通過し、利用枠を与えられます。その枠の利用限度額の範囲内ならば繰り返し借りることが可能ですので、返済中でも、自身の生活の中で、住宅ローン、マイカーローン、結婚資金などさまざまな生計費などのお金が足りなくなり、緊急に借りたいときも、気軽に使用することができ、返済も毎月無理のない範囲内で返済していくことができます。

また、限度額が10万円のカードローンもありますので、学生や専業主婦でも作れるカードローンもあり、その気軽さから、最近ではカードローンを利用する人が増えてきています。カードローンは、カードを使って全国の金融機関やコンビニなどの提携ATMでお金を借入できるほか、インターネットで手続しても口座に振り込んでもらえるなどの気軽さが特徴です。

インターネットの申し込み方法もパソコンや携帯、スマートフォンを使い情報を入力し、その入力された情報をもとにコンピュータが自動的に仮審査を行い、すぐに結果が表示されます。その後、本審査が行われ、通過すると契約が進みます。このように、インターネットですべて契約まで出来るので、来店不要でとても便利です。

しかし、カードローンはあくまで「借金」です。コンビニの提携ATMでもお金を借りることができるので、まるで自分の貯金のように「引き出す」感覚に陥ってしまい、その、あまりの気軽さから借金であるという感覚が希薄化してしまう恐れがありますので、注意が必要です。場合によってはいつまでも完済ができず、返済の総支払額がどんどん増えていくという事態にもなりかねません。

その「感覚の希薄化」を解決できる「フリーローン」というローンの種類があります。フリーローンの場合、一度お金を借りたら、一度完済しなければ新たに借りることはできず、返済途中ですと利用枠内の融資が自由にできません。

メニュー

ページの先頭へ